Chaotic Harmony Imports Feuds With Customers and Fans Over Social Media

ヴィジュアル系やアイドルアーティストのアメリカプロモーター「カオティック・ハーモニー・インポート」がSNS上でお客様やファンと対立

A situation brewing on Twitter came to a head on September 1st, 2021, as Chaotic Harmony Imports responded to accusations that their signed cheki (polaroid pictures that bands sell as merchandise) are forged and that the translations provided during live events were inaccurate.

[日本語の翻訳は機械で作られています。誤りがあるかもしれません]

2021年9月1日、Chaotic Harmony Importsは、サイン入りチェキ(バンドがグッズとして販売するポラロイド写真)が偽造されたものであり、ライブイベントで提供される翻訳が不正確であるとの非難を受け、Twitter上で事態が発生しました。

Chaotic Harmony Imports is based in Los Angeles, California, first registered in 2016 according to currently accessible government records and their press releases online. Its owners are Melissa Goldberg and Haley Marinovich. However, the business appears to be set up as a sole proprietorship and has no LLC or corporation listed with the Secretary of State in California that I could find. Their names do not appear on the company's about page, but they are known to their frequent customers and have used their names when interviewed about their work online.  

Chaotic Harmony Importsは、カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置き、現在アクセス可能な政府の記録とオンライン上の彼らのプレスリリースによると、2016年に初めて登録されました。そのオーナーは、メリッサ・ゴールドバーグとヘイリー・マリノビッチです。しかし、このビジネスは個人事業として設定されているようで、私が見つけたカリフォルニア州のSecretary of Stateに登録されているLLCや法人はありません。彼らの名前は会社概要のページには記載されていませんが、頻繁に利用する顧客には知られており、オンラインで仕事に関するインタビューを受けた際には彼らの名前を使用しています。

Chaotic Harmony Imports started as an online shop selling official visual-kei CDs, merchandise, cheki, and other products. They have since branched out to cover idol groups and began booking shows at anime conventions and Japanese cultural events. In an average year, meaning pre-pandemic, they host multiple events across the country each year.

Chaotic Harmony Importsは、ビジュアル系の公式CDやグッズ、チェキなどを販売するオンラインショップとしてスタートしました。その後、アイドルグループをカバーするようになり、アニメコンベンションや日本の文化イベントでのショーをブッキングするようになりました。パンデミック前の平均的な年であれば、毎年全国で複数のイベントを開催している。

Both owners came from the visual-kei fan community. Haley came into the scene at the beginning of its peak in popularity within the United States, in 2007 when it became relatively easy to access. Melissa revealed in an online interview that she found her interest due to her passion for Anime music. "I started watching YouTube videos and discovered visual kei and other forms of Japanese music. There was no going back after that."

オーナーはいずれもヴィジュアル系ファンの方々です。ヘイリーは、アメリカでの人気がピークに達した2007年に、比較的簡単にアクセスできるようになったシーンに登場しました。メリッサは、オンラインインタビューで、アニメ音楽への情熱から興味を持ったことを明かしている。「YouTubeの動画を見始めて、ビジュアル系をはじめとする日本の音楽を知りました。それ以来、後戻りはできませんでした。"

During this time, there were very few official YouTube channels; most of the PV's online had been illegally uploaded by fans. Piracy was rampant in the United States visual-kei fandom due to the cost of importing through official channels and the lack of Japanese label participation in YouTube and then emerging streaming services like Pandora or Spotify. It turned into a source of contention between fans who felt entitled to listen to music for free and businesses who wanted to turn a profit.

この時期、YouTubeの公式チャンネルはほとんどなく、インターネット上のPVのほとんどはファンが違法にアップロードしたものでした。アメリカのヴィジュアル系ファンの間では、公式チャンネルから音楽を輸入するコストや、日本のレーベルがYouTubeやPandoraやSpotifyなどの新興ストリーミングサービスに参加していないことなどから、海賊版が横行していました。これは、無料で音楽を聴く権利を求めるファンと、利益を追求する企業との間で争いの種となった。

Most of the businesses that sprung up to address this were, and continue to be, both amateur and fan-run. Even experienced professionally helmed operations have mostly gone under since then as interest in visual-kei music has waned in the United States. Since 2007 we've seen the appearance and closure of many businesses like HearJapan, MaruMusic, and the various live-streamed radio stations that also attempted to turn themselves into agencies.

そのために立ち上がったビジネスは、ほとんどがアマチュアやファンによるものでしたし、今もそうです。アメリカでの映像系音楽への関心が薄れてきたこともあり、経験豊富なプロが運営する事業であっても、その後、ほとんどが潰れてしまいました。2007年以降は、「HearJapan」や「MaruMusic」、ライブストリーミングのラジオ局など、代理店化を目指した多くのビジネスが登場し、閉鎖されていきました。

If you're a visual-kei fan in 2021, businesses like Chaotic Harmony are an essential opportunity to keep the VK subculture alive. They offer the chance to purchase merchandise and CDs without steep import shipping costs, dollar to yen conversion fees, long shipping times, or the hassle of finding a shopping service when Japanese band management refuses to ship internationally.

2021年にビジュアル系ファンであれば、Chaotic Harmonyのようなビジネスは、VKのサブカルチャーを存続させるために必要不可欠な機会です。Chaotic Harmonyは、日本のバンド経営者が海外への発送を拒否している場合に、輸入時の高額な送料、ドルから円への換算手数料、長い配送時間、ショッピングサービスを探す手間をかけずに、商品やCDを購入する機会を提供しています。


When the pandemic took hold of the world in 2020, the music industry suffered greatly in the United States and Japan. Performing at live houses to sell tickets and merchandise is the lifeblood of most visual-kei bands. Conventions and live shows were mainly canceled, which threw the music industry into chaos. As a result, many bands attempted to move their activities online.

2020年に世界でパンデミックが発生したとき、アメリカと日本では音楽業界が大きな被害を受けました。チケットやグッズを売るためにライブハウスで演奏することは、ほとんどのヴィジュアル系バンドの生命線です。大会やライブの中止が相次ぎ、音楽業界は大混乱に陥りました。その結果、多くのバンドが活動の場をネットに移そうとしました。

In April 2020, Chaotic Harmony responded by launching a "Cheki in the Time of Coronavirus project." They organized a pre-sale for personalized cheki from 27 visual-kei bands and 17 idol or Japanese pop artists. Customers were allowed to choose which band member they wanted a cheki from and that it would both be autographed and personalized with their name. 

2020年4月、Chaotic Harmonyは、"コロナウイルスの時のチェキプロジェクト "を立ち上げました。ヴィジュアル系バンド27組、アイドル・ポップス系アーティスト17組の名入れチェキの先行販売を行いました。お客様は、どのバンドのメンバーのチェキが欲しいかを選ぶことができ、直筆サインと名前入りのチェキが用意されています。

The press release for the project was upfront that this type of project would take a significant amount of time to ship and complete because the bands had to wait until they could get together to create the cheki safely, then sit down and autograph each one.  

このプロジェクトのプレスリリースには、この種のプロジェクトは、バンドが集まってチェキを安全に作成し、一枚一枚にじっくりとサインをするまで待たなければならないため、発送から完成までにかなりの時間がかかることが前面に押し出されていました。

Personalized autographs can be a stressful project to manage for everyone involved. First, the band members must ensure that all the names are written accurately to avoid offending their fans. Then, due to shipping costs and timeframes, management must double-check everything to ensure that nobody is forgotten. Finally, when the orders are eventually shipped out, great care has to be used to ensure that each autograph goes to the right place.  

パーソナライズされたサインは、関係者全員にとって管理するのがストレスになるプロジェクトです。まず、バンドのメンバーは、ファンを怒らせないように、すべての名前が正確に書かれていることを確認しなければなりません。また、輸送コストや時間の関係で、忘れ物がないかどうかを再確認しなければなりません。最後に、注文した商品を発送する際には、それぞれのサインが正しい場所に届くように細心の注意を払わなければなりません。

Chaotic Harmony was also upfront that they were going through a middleman to get the cheki completed. "Because this is such a big project for us, we've called on a few Japanese industry professionals to help us. These people are NOT officially affiliated with Chaotic Harmony," the press release read. This decision may, or may not, be where something went wrong.

Chaotic Harmonyは、チェキを完成させるために中間業者を介していることも率直に話してくれました。「これは我々にとって非常に大きなプロジェクトであるため、日本の業界関係者に協力を依頼しました。これらの方々はChaotic Harmonyとは公式には関係ありません」とプレスリリースには書かれています。この決定は、何かが間違っていたということかもしれません。

In one of the updates that Chaotic Harmony posted to Twitter, they explained the pricing structure of the cheki, which seemed to indicate that it wasn't an entirely altruistic project. Both their business and the middlemen responsible for obtaining the signatures split the difference after the bands received their cut. The project intended to give the lion's share back to the artist and help offset their own pandemic losses. 

Chaotic HarmonyがTwitterに投稿したアップデートの中で、彼らはチェキの料金体系について説明しており、それはこのプロジェクトが完全に利他的なものではないことを示しているように思えました。彼らのビジネスと、署名を得るための中間業者の両方が、バンドが受け取った後の差額を分配しているのです。このプロジェクトでは、アーティストに還元することで、自分たちのパンデミックによる損失を補うことを目的としています。

Many of their customers appeared to be happy with their purchases after shipping in October 2020. Chaotic Harmony retweeted photos from several of them.

2020年10月の出荷後、多くのお客様が購入した商品に満足している様子でした。Chaotic Harmonyは、そのうちのいくつかの写真をリツイートしました。

Chaotic Harmony proudly shared that they sold a total of 1,590 cheki on Twitter, then invited everyone to join them on their Discord server. Finally, they thanked their customers, the staff, project partners, and Cure Magazine. 

Chaotic Harmonyは、Twitterで1,590個のチェキを販売したことを誇らしげに報告し、Discordサーバーへの参加を呼びかけました。最後に、お客様、スタッフ、プロジェクトパートナー、そしてキュアマガジンに感謝の言葉を述べました。

On October 29th, 2020, a Twitter user posted, "I noticed something, all the people who bought autographed cheki with chaotic Harmony, all have the same handwriting for names ! Eehhh yes it is not the bando who signed but the person who sells them.. Sorry."

2020年10月29日、あるTwitterユーザーが「気づいたことがあるんだけど、chaotic Harmonyのサイン入りチェキを買った人、みんな名前の筆跡が同じなんだよね ! サインしたのはバンドじゃなくて、売ってる人なんだよね。すみません。"

The tweet didn't go viral, but it set off several subtweets amongst the community and some chatter that the autographs themselves may not be authentic, despite the original tweet calling only the personalization (the customers' names) into question. Realizing that she had been misunderstood, the original poster even clarified in a subsequent tweet that it wasn't the signatures she questioned, just the customer names. 

このツイートは拡散されませんでしたが、コミュニティ内でいくつかのサブツイートがなされ、サイン自体が本物ではないのではないかという声が上がりました。誤解されていることに気づいた元の投稿者は、その後のツイートで、疑問に思ったのはサインではなく、お客様の名前であることを明確にしました。


Over the next year, Chaotic Harmony hosted in-store events on their Discord server. They feature a link to this Discord server on the upper-right corner of their website, above the fold, which is considered prime real estate in digital marketing. Anyone can join with the link. The link has been promoted on their social media channels and used as an event space for their Timora Talks events, which means that this space is publicly viewable to anyone who visits their website. Fans, potential clients, current clients, and staff in the music industry are all visitors to this public server. As long as you can read English or use a machine translator, you can see the unfiltered thoughts of both of Chaotic Harmony's owners while you are there. 

その後1年間、Chaotic HarmonyはDiscordサーバーで店頭イベントを開催しました。彼らはこのDiscordサーバーへのリンクをウェブサイトの右上、デジタルマーケティングでは一等地とされるフォールドの上に設置しています。このリンクから誰でも参加することができます。このリンクは、彼らのソーシャルメディアチャンネルで宣伝され、Timora Talksイベントのイベントスペースとして使用されています。つまり、このスペースは、ウェブサイトを訪れた誰もが見ることができるのです。ファンも、潜在的な顧客も、現在の顧客も、そして音楽業界のスタッフも、みんなこの公開サーバーの訪問者です。英語が読めるか、機械翻訳機を使える人であれば、Chaotic Harmonyのオーナーである二人のフィルターを通さない考えを、その場で見ることができるのです。

On September 1st, 2021, Haley posted to the main wall of their Discord server, "Regular reminder that we do not, have not, and will not forge cheki signatures. If that rumor could stop being spread that'd be fantastic."

2021年9月1日、Haleyは彼らのDiscordサーバーのメインウォールに「定期的なリマインダーとして、我々はチェキのサインを偽造しないし、したこともないし、するつもりもない。その噂が広がらないようにしてくれれば最高です。

This set off a flurry of messages between the owners, staff, and customers over the next few days.  

これをきっかけに、オーナーとスタッフ、そしてお客さまとの間で、数日間にわたってさまざまなメッセージが飛び交いました。

"I'll say this," she continued. "Don't expect personalized products again for a long time"

"これだけは言っておこう" と彼女は続けた。"パーソナライズされた製品には、しばらく期待しないでください"

Later in the conversation, she added, "I'm sorry to the people who aren't acting like loons on Twitter."

会話の後半では、"ツイッターでああいう頭おかしいやつと行動していない人たちに申し訳ない "と付け加えていました。

One of their customers suggested that they get the bands themselves to step in, and Melissa responded with, "We are definitely considering that."

お客様の一人が「バンド自身に足を運んでもらったらどうか」と提案したところ、メリッサは「それはぜひ検討しています」と答えました。

At 6:16 PM Chaotic Harmony posted an official statement to their Twitter account, then went back to their Discord server to ask customers to like and retweet it. The message consisted of several tweets and text on an image. The original tweet posting the photo read as follows:

午後6時16分、Chaotic Harmonyは公式声明をTwitterアカウントに投稿した後、Discordサーバーに戻ってお客様に「いいね!」や「リツイート」をお願いしました。このメッセージは、複数のツイートと画像上のテキストで構成されています。写真を掲載したオリジナルのツイートは以下の通りです。

"IMPORTANT NOTICE 

Lately we've seen an increase in a rumor that claims we forge customer names and artist signatures on our cheki and other products. We want to make an official statement and say that we have never and will never forge any names or autographs. (1/2)

Please read the full statement below and share, retweet, and like this post so others see it as well. We thank you all for your support, and hope for your understanding. Please do not hesitate to respond to this post or message or email us with any questions. (2/2)"

「重要なお知らせ 

最近、当社のチェキやその他の製品にお客様の名前やアーティストのサインを偽造しているという噂が増えています。私たちは、これまでも、そしてこれからも、いかなる名前やサインも偽造していないことを公式に表明したいと思います。(1/2)

下記の声明をお読みいただき、この投稿をシェア、リツイート、「いいね!」してください。皆様のご支援に感謝するとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。ご不明な点がございましたら、この投稿やメッセージにご返信いただくか、メールにてお問い合わせください。(2/2)"

The attached image read as follows:

"For a while, we have noticed rumors circulating that we have either forged customers' names or the artist signatures on the cheki sold through our website. While we originally hoped ignoring the rumors would allow them to die down as such rumors often do, they've continued to spread and we've decided we have no choice but to publicly address them.

Chaotic Harmony has never forged names, signatures, or anything else and we will never do so. Last year, when the pandemic was first taking its hold on the world, we organized a cheki project which helped raise money not only to keep our own webshop going, but support artists and other industry professionals during a time when things were very dark. In this project, we featured 27 bands, 17 idols, and raised $15,917 that went directly to artists and industry in Japan. It is a feat that we're honestly proud of.

At the root of it all, Chaotic Harmony isn't the only entity being harmed by these rumors. To say that the names and signatures have been forged devalues the hard work of the artists involved in our cheki project, pre-orders, and any other products. It also is hurtful to the fans who have received these items, which were prepared with care by the artists. These rumors are frankly an insult to the bands that the people spreading them claim to support. 

However, for the time being, we have decided that we will cease offering services in which the artists personalize any products with customer names, as the rumors are a personal affront to their time, dedication, and energy. Please understand that when they personalize the cheki and other products, great care goes into ensuring that no errors are being made in the spelling of names, which most often are in a language that is foreign to them. We apologize to the customers and fans who are not part of this problem for any inconvenience or disappointment this decision may cause. 

Additionally, we've seen some concerns regarding our product pricing. We pay the bands an agreeable amount for all of our inventory, while we're left with the cost of importing. Occasionally the products will be marked up by maybe $5 to help compensate for the costs of importing while also making sure that the artists are paid an amount that they deem fair. From the moment that Chaotic Harmony was conceived as a business, we had support of the artists at the core of our business model and it remains so today. At the end of the day, we are still a business and must make sure we are able to continue as such. 

We want to sincerely apologize to any of our clients or customers who have been hurt by these rumors. Please know that we will continue to strive to put forth the best customer service possible. We've always been transparent about our business operations and are more than willing to answer any questions or concerns that you may have. You may contact us on social media or send an email to info@chaotic-harmony.net. 

Lastly, we want to offer thanks to those of you who have offered continuous support over the past five years. It means more to us than we can ever say."

「しばらくの間、当社がウェブサイトで販売しているチェキに、お客様の名前やアーティストのサインを偽造しているという噂が流れていました。本来であれば、このような噂は無視していれば沈静化するものと考えていましたが、噂は広がり続けているため、公表せざるを得なくなりました。

Chaotic Harmonyは、名前や署名などを偽造したことはありませんし、今後もそのようなことはありません。昨年、パンデミックが世界的に流行し始めた頃、私たちはチェキプロジェクトを企画し、自分たちのウェブショップを維持するだけでなく、アーティストやその他の業界関係者を支援するための資金を集めました。このプロジェクトでは、27バンド、17人のアイドルを紹介し、15,917ドルを集めて、日本のアーティストや業界に直接寄付しました。これは、私たちが素直に誇りに思える偉業です。

このような風評被害を受けているのは、Chaotic Harmonyだけではありません。名前やサインが偽造されていると言うことは、私たちのチェキプロジェクトやプレオーダー、その他の商品に関わっているアーティストたちのハードワークを軽視することになります。また、アーティストが心を込めて準備したこれらの商品を受け取ったファンの方々を傷つけることになります。このような噂は、正直なところ、噂を流している人たちが応援しているバンドに対する侮辱です。 

しかし、このような噂は、アーティストの時間、献身、エネルギーに対する個人的な侮辱であるため、当面の間、アーティストが商品にお客様の名前を入れるサービスを中止することを決定しました。アーティストがチェキやその他の商品に名入れをする際には、外国語で書かれた名前の綴りに間違いがないように細心の注意を払っていますので、ご理解ください。この問題に関係のないお客様やファンの皆様には、今回の決定によってご迷惑やご不満をおかけすることをお詫び申し上げます。 

さらに、製品の価格設定に関してもご心配をおかけしています。私たちは在庫のすべてに対してバンドに納得のいく金額を支払っていますが、一方で私たちには輸入のためのコストが残されています。時折、輸入コストを補うために商品を5ドルほど値上げすることがありますが、これはアーティストに適正と思われる金額が支払われていることを確認するためです。Chaotic Harmonyがビジネスとして構想されたときから、私たちのビジネスモデルの核心はアーティストへのサポートであり、それは今も変わりません。しかし、私たちはビジネスであり、ビジネスを継続していかなければなりません。 

このような噂によって傷ついたお客様には、心からお詫び申し上げます。私たちは今後も、可能な限り最高のカスタマーサービスを提供するために努力していきますので、ご理解ください。当社はこれまでも事業運営について透明性を保ってきましたし、お客様からのご質問やご相談にも喜んでお答えします。ソーシャルメディアでご連絡いただくか、info@chaotic-harmony.net までメールをお送りください。 

最後になりましたが、過去5年間にわたって継続的なご支援をいただいた皆様に感謝の意を表したいと思います。私たちにとっては、言葉では言い尽くせないほどの意味があります。"

The statement held that customers who were unhappy or had questions did not support the bands and even directly insulted the bands. They apologized to the customers who were not involved that wouldn't be able to buy this type of product in the future but not to the customers who had become concerned that they had wasted their money.

声明では、不満や疑問を持つお客様はバンドを支持していないとし、さらにはバンドを直接侮辱しているとした。彼らは、今後この種の商品を買えなくなる関係のないお客様には謝罪しましたが、お金を無駄にしたと心配になったお客様には謝罪しませんでした。

The statement also didn't seem to understand that nobody blamed the artists or accused them of anything. I found no evidence of this at the time of writing this article. Some that I spoke to seem to think that it's possible that someone along the supply chain added the names on some of the cheki to make things easier for bands, as similar handwriting does not appear on all of the bands cheki. The autographs themselves do seem to be genuine.

この発言も、誰もアーティストを責めたり非難したりしていないことを理解していないようだった。この記事を書いている時点では、そのような証拠は見つかりませんでした。私が話を聞いたところでは、すべてのバンドのチェキに同じような字が書かれているわけではないので、サプライチェーン上の誰かが、バンドがやりやすいようにチェキの一部に名前を書き加えたのではないかと考えているようです。サイン自体は本物だと思います。

If this was the case, then Chaotic Harmony hadn't done anything wrong, but their handling of this situation pitted fans against fans in the replies and cast judgment on who is or isn't a good fan based on whether or not they were asking questions.  

もしそうだとしたら、Chaotic Harmonyは何も悪くないのですが、この状況での彼らの対応は、返信の中でファン同士を対立させ、質問をしているかどうかで、良いファンかどうかを判断しています。

Then, all hell broke loose as official band and industry accounts started tweeting, retweeting, and even responding directly to fans to support Chaotic Harmony's statement. It happened so quickly, and because it was happening in English, the fans I talked to began to question if Chaotic Harmony had orchestrated it behind the scenes. To them, it felt manipulative. To Chaotic Harmony's fans, it felt like a victory.

その後、バンドや業界の公式アカウントが、Chaotic Harmonyの声明を支持するために、ツイート、リツイート、さらにはファンに直接返信するという大騒ぎになりました。あまりにも早く、しかも英語で行われたため、私が話したファンは、Chaotic Harmonyが裏で仕組んだのではないかと疑い始めました。彼らにとって、それは操作されているように感じました。Chaotic Harmonyのファンにとっては、それが勝利のように感じられました。

"Certainly we all wrote the autograph by ourselves. It's the truth. Don't be fooled by unfounded rumors. Thanks. THE SOUND BEE HD"

"All members of ANONYMOUS put our signatures on them ourselves with sincerity. 

I hope that all who have bought them like them. Thanks😊" - Nimo, ANONYMOUS

"I signed them myself!" - SARSHI

One response that stood out, in particular, was from the Jiluka official Twitter account. A fan replied to Chaotic Harmony's statement. They have since deleted their tweet, so I won't repost it to respect their privacy, but Jiluka responded directly to them. I've blotted out identifying information.

特に目立った反応は、Jilukaの公式Twitterアカウントからのものでした。Chaotic Harmonyの発言にファンが返信したのです。彼らはツイートを削除してしまったので、プライバシーを尊重して再掲載はしませんが、Jilukaは彼らに直接返信しました。識別情報は消しています。

Furthermore, the account of one of the band's members liked this tweet to support it.  

さらに、バンドのメンバーの一人のアカウントが、このツイートに「いいね!」をして応援してくれました。

I asked an industry insider how common this is because this is not something I have ever seen before on the English side of band Twitter, but I wasn't sure if this could happen on the Japanese side of band Twitter. They were adamant that this is something that never happens and is extremely direct and rude. 

このようなことは、バンドのツイッターの英語版では見たことがないので、どのくらいよくあることなのか、業界関係者に聞いてみましたが、バンドのツイッターの日本語版でこのようなことが起こる可能性があるのかどうかわかりませんでした。彼らは、このようなことは決して起こらないし、非常に直接的で失礼なことだと断言しました。

 "Bands will never risk upsetting fans unless fans are breaking their rules, and even then, they are very careful. You can't shit where you eat," they responded.

「バンドは、ファンが自分たちのルールを破らない限り、ファンを怒らせるようなリスクを冒すことはありませんが、その場合でも非常に慎重です。食べるところに糞をしてはいけません」と回答しています。 

The blame for this situation cannot be placed on Jiluka, any of the other bands involved, or Chaotic Harmony without more evidence of what took place behind the scenes. Unfortunately, at this time, there is no way to know if the bands fully understood the tone or content of the English tweets they published, the entire context of the situation, or what conversations had taken place to cause this.

この状況の責任は、舞台裏で何が起こったのか、より多くの証拠がない限り、Jiluka、関係する他のバンド、またはChaotic Harmonyにあるとは言えません。残念ながら、現時点では、バンドが公開している英語のツイートのトーンや内容、状況の全体的な背景を理解していたかどうか、また、このような事態を引き起こすために行われた会話を完全に理解していたかどうかを知る方法がありません。

Chaotic Harmony then retweeted a fan who was asking questions to their timeline with the response, "Since artists themselves are having to clear their names as well and responding, I believe you and that whole thread of people have your answers."

その後、Chaotic Harmonyは、彼らのタイムラインに質問をしていたファンをリツイートし、"アーティスト自身も名前を明らかにしなければならず、応答しているので、あなたとそのスレッド全体の人々は、あなたの答えを持っていると信じています。"と回答しました。

However, it is unclear why the artists need to clear their names since they were not accused of anything.

しかし、アーティストたちは何の罪も問われていないのに、なぜ名前を明らかにする必要があるのかは不明です。


Some fans posted tweets indicating that they think the writing is so similar because all Japanese people write English similarly enough that it would be difficult to distinguish who wrote what.

ファンの方の中には、「日本人は誰が書いたかわからないくらい、英語の書き方が似ているから」というツイートもありました。

Consulting a "handwriting expert" is beyond the scope of most visual-kei music fans, and authenticating the written names of these photos would be impossible without the band members supplying handwriting samples for the expert to compare to the cheki. People employed in this profession typically work with lawyers on court cases as expert witnesses, though some identify autographs of celebrities.  

筆跡鑑定士」に相談することは、一般のビジュアル系音楽ファンにはハードルが高く、写真に書かれた名前を鑑定するには、バンドメンバーの筆跡を鑑定士に提供してチェキと比較してもらわないと不可能です。この職業に就いている人は、一般的には弁護士と一緒に裁判の鑑定をすることが多いですが、中には有名人のサインを鑑定する人もいます。

No two people write the same, and the handwriting of adults continues to change over time. For this reason, handwriting experts will often require handwriting samples that have been written within the last few years to compare to a document in question. 

人は誰でも同じ字を書くわけではありませんし、大人の筆跡は時間とともに変化していきます。そのため、筆跡鑑定の際には、過去数年以内に書かれた筆跡のサンプルを必要とすることがあります。

None of the people I talked to who regularly work with native Japanese speakers and no Japanese native speakers I spoke to think that Japanese people all write English the same way. If you compare the written names on some of the other cheki that Chaotic Harmony sold to the cheki in question, it seems pretty clear that this is not the case. 

日頃から日本語を母国語とする人たちと仕事をしている人たちも、私が話した日本語を母国語とする人たちも、日本人がみんな同じように英語を書くとは思っていませんでした。Chaotic Harmonyが販売した他のいくつかのチェキに書かれた名前を、問題のチェキと比較すれば、それが事実でないことは明らかだと思われる。

While more than one person can have similar handwriting, it seems unlikely that an entire band has near-identical writing. Of course, this doesn't negate the customers' experience who left these comments, but I think this means that it's not a given that all Japanese people write English the same way.

Haley later returned to the server to talk about the responses that they were getting.

複数の人が同じような字を書くことはあっても、バンド全体が同じような字を書くことはまずないでしょう。もちろん、このようなコメントを残したお客様の経験を否定するものではありませんが、日本人全員が同じように英語を書くとは限らない、ということだと思います」。

ヘイリーはその後、サーバーに戻ってきて、自分たちが受けた反応について話した。

Haley said, "I want it to be known. That's how these weirdo's comparing handwriting look to me. Please, find a hobby. Can I suggest knitting? I hear it's relaxing. And It'd keep your hands busy so you stay off Twitter."

ヘイリーは「知られてほしい」と言った。筆跡を比較する変人たちの姿は、私にはそう見える。どうか趣味を見つけてください。私は編み物を提案してもいいですか?リラックスできるそうですよ。それに、手がふさがっているので、ツイッターから離れられますよ」。

After suggesting others get off the social media platform, Haley continued to rant about the happenings on Twitter. She described an incident where a fan had been banned from their events. Essentially, talking poorly about a customer she didn't like to all of the other customers - in full public view.

ヘイリーは、他の人にソーシャルメディアから離れるよう勧めた後、ツイッターでの出来事について暴言を吐き続けました。彼女は、あるファンが彼らのイベントに出入りすることを禁止された出来事を紹介しました。気に入らないお客さまの悪口を、他のお客さま全員に、公衆の面前で言っていたのです。

"I don't want to scare off new customers, that's why we made a statement," Haley later explained on the server.  

"新規のお客様を怖がらせたくない、だから声明を出した "とヘイリーは後にサーバー上で説明しています。

Reaching out to influential brand fans and brands that are friendly with you for support and to help in spreading your message is recommended by Twitter - but this does not work great in the context of the visual-kei industry. Bands jumping into the fray jeopardize their brand and relationship with their customers. A new customer coming onto their Twitter feed will witness how they treat unhappy customers and how the bands allowed themselves to be weaponized against people just like them. It misses the opportunity to turn a negative experience into a positive one. 

witterでは、影響力のあるブランドのファンや、親交のあるブランドに声をかけて応援してもらい、メッセージを広めてもらうことが推奨されていますが、ビジュアル系業界の文脈ではあまりうまくいきません。バンドは、自分たちのブランドやお客様との関係を危うくしてしまいます。新しいお客さんがツイッターを見れば、不幸なお客さんへの対応や、バンドが自分たちと同じような人たちへの武器になることを許してしまったことがわかる。ネガティブな経験をポジティブな経験に変えるチャンスを逃してしまうのです。

A social media expert I talked to said that, "This was the perfect opportunity for them to showcase their customer service skills. They could have offered refunds to anyone unhappy, and most people would have just been happy with the offer of a refund - they wouldn't have taken them up on it. They could have also vowed to investigate the matter and talk to their overseas partners or pledge to bring on a professional interpreter for future events. But, instead, they went with an emotionally charged attack. You should never accuse your customer of lying when they are confused or upset." 

ソーシャルメディアの専門家に聞いたところ、「これは彼らの顧客サービスのスキルをアピールする絶好の機会だった。不満のある人には返金を申し出ることもできたでしょうが、ほとんどの人は返金の申し出に満足するだけで、それを受け入れることはなかったはずです。また、この問題を調査して海外のパートナーと話し合うことや、今後のイベントにプロの通訳を同行させることを誓うこともできたはずです。しかし、彼らは感情的な攻撃に走ってしまったのです。お客様が混乱していたり、動揺しているときに、嘘をついていると非難してはいけません。"

Haley later returned to post in the Discord server, "We've also decided to stop hosting any of our own online events, free or otherwise, for the time being." She later added, "So when y'all are getting less direct events with bands thank Twitter for p*ssing in your cereal."

ヘイリーはその後、Discordサーバーに戻ってきて、"私たちはまた、無料であろうとなかろうと、当分の間、独自のオンラインイベントを開催するのをやめることにしました。" と投稿しました。彼女はその後、「アーティストと直接話せるイベントもうできないこと、Twitterのやつらに攻めろ。あいつらのせいでおしっ*まみれになっちゃった」と付け加えました。

Twitter had by then devolved into a mess with fans arguing with each other, partially goaded on by the owners of Chaotic Harmony and the bands themselves getting involved. Yet, that wasn't the only thing argued. There was still the incident that partially sparked this entire riot - Hyper Japan.  

Twitterでは、Chaotic Harmonyのオーナーやバンド自身が関与していることもあり、ファン同士が口論するという混乱状態に陥っていました。しかし、言い争われたのはそれだけではありませんでした。今回の騒動の発端となった「Hyper Japan」の件がありました。

Hyper Japan took place on August 8th, 2021, and featured a live stream of never before released concert footage as well as a live Q&A session with the band members themselves. Unfortunately, there is not a recording of this event that I can view myself, but I talked to multiple sources who paid for and attended this event themselves.

2021年8月8日に開催された「Hyper Japan」では、未公開のコンサート映像のライブ配信に加え、メンバー自身によるQ&Aセッションも行われました。残念ながら、私自身が見ることのできる記録はありませんが、このイベントにお金を払って参加した複数の関係者に話を聞きました。

The event details advertised, "translator included." However, according to one attendee I spoke to, it was clear to them that the interpreter was not fluent in Japanese. Furthermore, they had been warned by another fan to always submit questions to the band in Japanese instead of relying on Chaotic Harmony's interpretation despite two interpreters being present at the event.

イベントの詳細には、"通訳付き "と記載されていました。しかし、ある参加者によると、通訳が日本語に堪能でないことは明らかだったそうです。さらに、別のファンから「通訳が2人いるにもかかわらず、Chaotic Harmonyの通訳に頼らず、必ず日本語でバンドに質問をするように」と注意されたという。

Multiple attendees felt that band members were having difficulty understanding the interpretation and that the interpreter was struggling to translate even simple questions from English to Japanese. Allegedly, band members had to correct the pronunciation of their own names multiple times. 

複数の出席者は、バンドメンバーが通訳を理解するのに苦労していると感じており、通訳者は簡単な質問でも英語から日本語に翻訳するのに苦労していると感じていました。また、バンドのメンバーが自分の名前の発音を何度も訂正していたと言われています。

More than one person felt the leading interpreter was becoming frustrated because she muttered into the mic, "... don't do this to me," when one of the band members explained that he wanted to tour with another well-known band. Fans also mentioned that there was an issue translating the title of a song that Jiluka was promoting.  

バンドのメンバーが他の有名なバンドと一緒にツアーをしたいと説明したときに、マイクに向かって「......こんなことしないでよ」とつぶやいたことで、通訳のリーダーがイライラしていると感じた人もいたようです。また、ジルカが宣伝していた曲のタイトルを訳すのに苦労したという声も聞かれました。

I found mentions on Twitter of a fan providing translation in the chat window during the live event. The attendees I spoke to confirmed that they saw the band respond to the translations that this person provided in the chat. According to them, the staff from Chaotic Harmony had even thanked this person over the mic when they offered some interpretation suggestions. 

Twitterでは、ライブ中にファンの方がチャットで通訳をしていたという情報がありました。その方の通訳にバンドが応えていたことを、参加者の方に確認していただきました。聞くところによると、Chaotic Harmonyのスタッフが通訳の提案をした際に、その方にマイクでお礼を言っていたそうです。

According to other sources, this is not the first time this has occurred at Chaotic Harmony events.

In response to this, Chaotic Harmony posted another statement to Twitter on September 2nd.

他の情報源によると、Chaotic Harmonyのイベントでこのようなことが起こったのは初めてではないとのことです。

これを受けて、Chaotic Harmonyは9月2日にTwitterに別の声明を掲載しました。

"With regard to the concerns about our online events, they are translated by the owners of Chaotic Harmony. Both of whom have been speaking Japanese for many years and one of whom has taken and passed the N2. (1/4)

"私たちのオンラインイベントに関する懸念については、Chaotic Harmonyのオーナーが翻訳しています。二人とも長年日本語を話しており、一人はN2を受験して合格しています。(1/4)

Live translation is extremely difficult, and we are human so sometimes there are small mistakes or a moment of confusion often involving pop culture references we may not be familiar with. (2/4)

生の翻訳は非常に難しく、また人間ですから、小さなミスや一瞬の混乱もありますが、その中には私たちがよく知らないポップカルチャーが含まれていることもあります。(2/4)

However, the bands who have done events with us have had no trouble understanding the interpretation provided. 

Under no circumstances have bilingual attendees ever had to do our jobs for us, nor have we ever used Google translate. (3/4)

しかし、私たちと一緒にイベントを行ったバンドは、提供された通訳を理解するのに問題はありませんでした。 

どのような状況であっても、バイリンガルの参加者が私たちの仕事をしなければならなかったことはありませんし、私たちがGoogle翻訳を使ったこともありません。(3/4)

When concerns were raised after the event in question, we reached out to the other parties involved and were assured that there was no issue with the translation quality. (4/4)"

イベント終了後に懸念が生じたため、関係者に問い合わせたところ、翻訳の品質に問題はないとの回答を得ました。(4/4)"

On the Discord server Melissa took a slightly different approach.

Discordサーバーでは、メリッサは少し違ったアプローチをとっていました。

“For what it’s worth, live translating has never been my strong suit. I get nervous and tongue-tied and blank out.
I have been working on getting better at it and have improved over the years.
Unfortunately with the pandemic it’s been extremely difficult to maintain the same level of fluency I have when I’m able to travel to Japan frequently.
I can acknowledge that the event people are complaining about wasn’t my best work but it certainly wasn’t complete and utter incompetence either. There was a backup translator there as well in case it was deemed necessary.
I missed a few words, a few names of things I wasn’t familiar with. I apologize and I’m trying to get better every day.
With regards to the claims that the band “needed” someone else’s translations in the chat to understand, I do fully do not believe that to be the case. They understood my question translations perfectly well.
I would appreciate being shown a little bit of grace when I’m doing my best. If the translation quality didn’t meet certain peoples’ expectations, then I am sorry and like I said I’m doing what I can to improve.”

「何を隠そう、生の翻訳は私の得意分野ではありません。 緊張すると舌打ちしてしまい、頭が真っ白になってしまいます。しかし、パンデミックの影響で、頻繁に日本に行けるときと同じレベルの流暢さを維持するのは非常に困難になりました。 今回のイベントでは、私の出来が悪かったことは認めますが、全くの無能というわけでもありません。 バンドが理解するためにチャットで誰かの翻訳を「必要とした」という主張については、私は完全にそのようなことはないと考えています。 私の質問の翻訳を彼らは完全に理解していました。私が最善を尽くしているときには、少しの猶予を示していただけるとありがたいです。 もし翻訳の質が特定の人の期待に応えられなかったのであれば、申し訳なく思っていますし、改善するためにできることをしています。

One thing that needs clarification is the difference between a translator and an interpreter. A translator works with written material, and an interpreter translates oral speech. Therefore, a translator is not necessarily qualified to work as a live interpreter. 

誤解を恐れずに言えば、翻訳者と通訳者の違いがあります。翻訳者は文字を扱う仕事、通訳者は口語を翻訳する仕事です。したがって、翻訳者は必ずしも生身の通訳者としての資格を持っているわけではありません。

According to the ADA, "A "qualified" interpreter means someone who is able to interpret effectively, accurately, and impartially, both receptively (i.e., understanding what the person with the disability is saying) and expressively (i.e., having the skill needed to convey information back to that person) using any necessary specialized vocabulary." 

ADAによると、「適格な」通訳者とは、必要な専門用語を用いて、受容的に(障害者の言っていることを理解すること)、表現的に(障害者に情報を伝えるために必要な技術を有すること)、効果的に、正確に、公平に通訳することができる人を意味する」とされています。

A qualified interpreter would need to be able to translate effectively from Japanese to English and from English to Japanese, and they need to be able to do this on the fly. Specialized vocabulary in this situation would include words that commonly come up in visual-kei interviews, song titles, music vocabulary, and pop culture. 

通訳には、日本語から英語、英語から日本語への効果的な翻訳能力が求められます。このような状況では、ビジュアル系のインタビューでよく出てくる言葉や、曲名、音楽用語、ポップカルチャーなどが専門用語になります。

Professional interpreters often have licenses related to their particular skill, receive ongoing training, and are bilingual. To provide this service professionally, they have to understand the languages they speak at a near-native level. They are also costly to hire.

プロの通訳者は、それぞれの技術に関連したライセンスを持ち、継続的なトレーニングを受け、バイリンガルであることが多い。プロとしてこのサービスを提供するには、自分が話す言語をネイティブに近いレベルで理解していなければなりません。また、雇用にはコストがかかります。

I asked someone who has worked with Anime conventions for over a decade about the difficulty of getting hired as an interpreter and was told that most conventions don't test anyone's ability to interpret, don't require references, or don't bother to check them.

アニメコンベンションで10年以上働いている人に、通訳として雇われることの難しさについて聞いてみたところ、ほとんどのコンベンションでは通訳の能力をテストしないし、推薦状も要求しないし、わざわざチェックすることもないと言われた。

Most interpreters at anime conventions are volunteers, and you can't impose rigid job qualifications if the position is unpaid. However, the Anime conventions I found with online information recommended passing the JPLT exam at least at the N2 level. N1 is the most challenging level, and N5 has the least difficulty from this series of tests. 

アニメコンベンションでの通訳はほとんどがボランティアであり、無給のポジションであれば厳密な職能資格を課すことはできません。しかし、私がネット情報で見つけたアニメコンベンションでは、少なくともN2レベルのJPLT試験に合格することを推奨していました。N1は最も難易度の高いレベルで、N5はこの一連の試験の中で最も難易度の低いレベルです。

When I asked about whether or not N2 would be considered a good enough level to work as an interpreter, they responded that "N2 is very base-level and not enough for the anime industry."  

N2が通訳として働くのに十分なレベルと言えるかどうかについて尋ねたところ、"N2は非常に基礎的なレベルであり、アニメ業界では十分ではない "という答えが返ってきました。

In an interview about her work as an interpreter, Melissa previously said, "Trying to explain the concept of an anime convention is always a challenge. In addition, trying to keep the flow of information organized is always a challenge because no matter how proficient we are in Japanese, it's still our second language and miscommunication and confusion is bound to happen." 

メリッサさんは以前、通訳の仕事についてのインタビューで、「アニメコンベンションのコンセプトを説明するのは常にチャレンジです。それに加えて、情報の流れを整理しておくことも常に挑戦です。なぜなら、どんなに日本語に精通していても、日本語は私たちの第二言語であり、ミスコミュニケーションや混乱はつきものだからです」と語っています。

Yet, as someone who's been interpreting for a decade - it's a bit strange that explaining an Anime convention is a challenge for her when Anime conventions also take place in Japan and have been the primary way for Visual-Kei artists to get to America for more than a decade. Interpreting at anime conventions is where she started and continues to be her main avenue of work. This specialized vocabulary is something that she should be uniquely qualified to understand. 

アニメコンベンションは日本でも開催されており、ビジュアル系アーティストが10年以上にわたってアメリカに行くための主要な手段となっているのに、アニメコンベンションを説明することが彼女にとっての挑戦であるというのは、10年前から通訳をしてきた者としては少し不思議なことです。アニメコンベンションでの通訳は、彼女が最初に始めたことであり、現在も彼女の主な仕事の手段となっている。このような専門的な語彙を理解するには、彼女にしかできないことがあります。

The JPLT exam tests reading and listening skills. There isn't an oral exam, and the reading questions are multiple-choice. Even passing the N1 level of this exam does not necessarily qualify someone to be an interpreter if their listening skills are far more advanced than their speaking skills. An interpreter must be able to do both.

PLT試験では、読解力と聴解力が試されます。口頭試問はなく、読解問題は多肢選択式です。この試験のN1レベルに合格しても、リスニングスキルがスピーキングスキルよりもはるかに高い場合は、必ずしも通訳者としての資格を得ることはできません。通訳者は両方の能力が必要なのです。

In a setting like the visual-kei industry or the anime industry, it may be impossible for a company as small as Chaotic Harmony to hire a professional translator. Most American visual-kei companies are simply not profitable enough to hire any kind of help at all. Yet, it would be an improvement for everyone to understand how these different skill sets work. Having a native Japanese speaker assisting with their event interpretation could be an incredible asset if they could find one who is willing to work as a volunteer.  

映像業界やアニメ業界では、Chaotic Harmonyのような小さな会社がプロの翻訳者を雇うのは不可能かもしれません。アメリカの映像系企業の多くは、人を雇えるほどの利益を上げていません。しかし、これらの異なるスキルセットがどのように機能するかを理解することは、誰にとっても改善につながるだろう。日本語を母国語とする人が通訳をしてくれるということは、もしボランティアで働いてくれる人がいれば、大きな力になるはずです。

Melissa once said herself, "It is very rare for us to come across an artist who says they have no interest in playing overseas. They are very passionate about their music, and the idea of their work reaching a global audience is something that really appeals to them."

メリッサは、「海外での活動に興味がないと言うアーティストに出会うことは非常に稀です」と自ら語っています。彼らは自分の音楽にとても情熱を持っていて、自分の作品が世界中の人々に届くということにとても魅力を感じているのです」。

Every fan I've talked to about the visual kei industry in America feels a deep emotional connection to the music and bands they love.  

アメリカのヴィジュアル系業界について話を聞いたファンは、誰もが自分の好きな音楽やバンドに深い感情を抱いています。

Because of that, they generally want to see American-based businesses become successful so that they can continue to bring bands overseas for concerts and make other events accessible to the international fan community.

そのため、アメリカを拠点とする企業が成功して、バンドを海外でコンサートを開催したり、海外のファンが参加できるようなイベントを継続的に開催することを望んでいます。

Even the fans I spoke with who were deeply offended by something Chaotic Harmony had said to them didn't want to come across as wanting to see them fail. Nor did they want their perspectives to be used to bring them down.

私が話をした、Chaotic Harmonyに言われたことに心底腹を立てたファンも、彼らの失敗を望んでいるようには見えませんでした。また、自分の視点が彼らを貶めるために使われることも望んでいませんでした。

They wanted their feedback to influence Chaotic Harmony to improve future events so that the artists they love will continue to work with them and not have a negative impression of the American side of this industry. Although a fan-run business, its customers desire it to operate professionally so that the Japanese music industry will feel comfortable working with them. 

彼らは、自分たちのフィードバックがChaotic Harmonyに影響を与え、今後のイベントが改善されることを望んでいました。そうすれば、自分たちが愛するアーティストがChaotic Harmonyと継続して仕事をし、この業界のアメリカ側に対してネガティブな印象を持つことはないでしょう。ファンが運営するビジネスではあるが、日本の音楽業界が安心して仕事ができるように、プロフェッショナルな運営をしてほしいというのが顧客の願いだ。

One source told me during our conversation, "There's an acceptable degree of human error, and I think it's not so much about perfect accuracy the way translation can be, but more about making the language barrier as small as possible and helping shorten the distance between fans and the guests, right?"

ある関係者は私との会話の中で、「ヒューマンエラーは許容範囲内だし、翻訳のように完璧な精度を求めるよりも、言葉の壁をできるだけ小さくして、ファンとゲストの距離を縮めるのに役立つと思うよ」と話してくれました。

They continued, "What Chaotic Harmony did was make that distance FURTHER, which I find really unforgivable for a paid service." They also told me, "I'm a fan who wants these bands to come back to my country! So stuff like this really upsets me, because they might never come back if that's the way that they're received over here."

続けて、「Chaotic Harmonyがしたことは、その距離をより遠くすることであり、有料サービスとしては本当に許せないことだ」と述べました。彼らはまた、「私は、これらのバンドが私の国に戻ってくることを望んでいるファンです。だから、このようなことには本当に腹が立ちます。もし、このような受け止め方をされるのであれば、彼らが戻ってくることはないかもしれません。

This scenario is a visual-kei fans' worst nightmare, and if it continues to play out across social media, not only do they lose - but the bands and Chaotic Harmony do too. 

このシナリオは、ヴィジュアル系ファンにとって最悪の悪夢であり、このままソーシャルメディア上で展開されていくと、彼らだけでなく、バンドやChaotic Harmonyも負けてしまう。

Share The VK Dispatch

Addendum:

  • The fan that was being talked about on the Discord posted their side of the experience on Twitter in response to this article. You can read it here.

  • Some edits have been made for clarification.